米沢 長南の声なき声



読者掲示板

DSCN2892.JPG
        最上川河畔の土手の桜と吾妻山
DSCN2886.JPG
米沢から見える山々 羽黒川橋から眺める飯豊山
DSCN2868.JPG
                    上郷地区の丘の上から撮った飯豊山                   
DSCN2851.JPG
              ウオーキング・コースから南に眺める吾妻山      
DSCN2857.JPG
                      北東に眺める蔵王
DSCN2861.JPG
                      北西に眺める朝日岳
DSCN2865.JPG
                      真北の月山



4月のつぶやき                            10981 469

DSCN2831.JPG

DSCN2822.JPG



日本国憲法の前文と主要な条文に節(曲)を付けて朗詠した音声が入ってる
     前半は日本語版で、後半は英語版

憲法の前文と条文、それらの背後には当時の人々の(子供だったこの自分、乳飲み子で死んだ弟、その顔を見ずに兵隊から帰ってきた父や戦死した叔父たち)の生き様・死に様と心があった。そこに思いを致し、その心を込めて朗詠し歌ってみた。憲法は国のあり方を「かくあるべし」と規定づけるものだが、その一字一句に人々の心が込められている。その心で朗詠し歌うんだ。

心に太陽を持て 唇に歌を持て
憲法は太陽 憲法を歌にして口ずさむ
嵐が吹こうが 吹雪がこようが
改憲の嵐に吹き飛ばされてなるものか
心に憲法を 唇に憲法の歌を!

    


IMG_0423.JPG

DSCN2763.JPG

DSCN2786.JPG
ウーパールーパー
DSCN2766.JPG




評 論


新聞に載らなかった私の投稿