米沢 長南の声なき声



読者掲示板

DSCN3648.JPG
(徳光アナウンサーの芳賀応援メッセージ)「芳賀ちゃんとは40年来の友人でございます」「彼を国政に、皆さんに送ってもらいたい」「芳賀道也という人物は、参議院議員に誠にもってふさわしい人物だと思っております」と。
DSCN3609.JPG


DSCN3605.JPG


DSCN3606.JPG
                            メロン


7月のつぶやき                                 12078 1263 1608
●某政権党の政見放送とCMを見ての感想―「巧言令色少なし仁」
●7月4日の「天声人語」(朝日)に「ひいきのチームを持とう―。スポーツと同じように、選挙でも」、「選挙とは、端的にいえば『ひいきの候補者』に一票を投じる行為な」、「ひいきの候補者」をつくって(選択して)、「観戦ではなく参戦」するのだ、といったようことが書かれていた。んだ、これでいこうや!
 とにかく、狡猾・傲慢な「一強」には我慢ならねー、なんとかさんなね!
●参院選―争点は年金問題、消費税増税問題、9条改憲問題、原発再稼働問題など。
これらは、いずれも庶民にとって切実な問題なのだが、どちらかといえば高齢者なんかよりも、若者にとって深刻な問題。
 今65歳になる人は公的年金だけでは2000万円不足するということで騒がれているが、41歳以下の若者が65歳になる頃には3600万円も不足するようになるのだ。
 税金も保険料もカネ(負担能力)のある者から、所得収入に応じて課すべきものだが、消費税は一律10%ということで、子供や学生からまで取り立てる。
 憲法9条に自衛隊を明記されれば、自衛隊は「堂々と」軍事活動ができ戦争もできるようになる(世界に展開する米軍が攻撃されたときは日本の自衛隊も参戦)。戦わされる自衛隊員は若者たちだ。
 原発事故で被曝する(放射線を多少ともかぶる)と老人なんかは大丈夫でも子供や若者はそうはいかない。



評 論


新聞に載らなかった私の投稿