米沢 長南の声なき声


ホームへ戻る


政権の評価は厳しい目で、野党の評価は長い目で
2019年04月27日

 先日の投稿「政権の評価 長い目で見よう」について。投稿者は日米安保条約を取り上げ、かつてはそれに対して激しい反対運動があったのに、今はもう起きなくなっているということを指摘しておられる。しかし、その反対運動がわき上がったのは、当時(60年)は、条約改定があったのと、条約の有効期限10年目(70年)に当たっていたからであり、それが沈静化したのは、一部の過激行動が世論の反感を招く結果となって反対運動が退潮、それ以後、政府は国会に諮ることなく条約はずうっと自動延長とされ、検証も議論もないまま国民にはその是非が問われることがなくなったからである。その間日本はどこからも戦争を仕掛けられることなく、国民には結果オーライで、あたかも安保条約のお蔭で平和・安全が守られてきたかのように思い込む向きが多くなった、ということなのでは。それでも安保関連法の強行採決が行われた一昨年には反対運動は再燃を見せたているのだ。
 それにしても原発や辺野古基地建設についても反対などせずに「長い目で見よう」というのだろうか。 尖閣や拉致問題も「安倍さんに頑張ってもらわないと」というが、なおも「毅然」と「圧力」にこだわる彼にすがるしかないのだろうか。
 政権が実行する政策は国民生活に現実的に影響するだけに、その都度その都度、非は非として厳しく追及し批判を加えて然るべきなのであって、旧民主党政権は大震災等の難局に遭遇しながらも対応が批判にさらされ、退陣を余儀なくされた。「何よりしっかりしてほしいのは野党」というが、「長い目で見よう」というなら、むしろ野党の評価に対していうべきことなのではあるまいか。野党の政策や活動に勤しむ努力の姿がテレビや新聞に取り上げられ機会は、政権党に比べて圧倒的に少なく、その政策も活動内容も十分伝えられ知らされない。そのような野党は「長い目で」見てやるしかないわけである。


ホームへ戻る