米沢 長南の声なき声


ホームへ戻る


「市民連合やまがた」関連情報―野党統一候補を誰に?(随時加筆)
2019年02月16日

 先の衆院選(2017年10月22日)における(本県での野党統一候補擁立の)失敗以来、市民連合やまがたの参院選(野党統一候補擁立)に向けたこれまでの動きをまとめてみた。(資料―市民連合やまがた関係者から送られてきたメールから拾い集めて)

2018年2月5日、山新・報道―「共産、次期参院選に浜田氏擁立」
 浜田藤米兵衛氏―東北大文学部卒、山形・宮城両県の高校で39年間、国語教諭として務め、07~17年山形県労連議長。南陽市生まれ。
 氏は「憲法改悪は絶対許さないという立場に立ち、市民と野党の共闘の再構築に向けて奮闘する」との決意を表明。
 共産党県委員会の本間委員長は、共闘態勢の実現を他の野党に働きかけると説明。浜田氏を統一候補として推す一方、他党と相互推薦・相互支援の形を確立できれば、候補取り下げも辞さない考えをしました。

同年2月6日、高橋氏(さようなら原発米沢代表)から「市民連合やまがた御中」として「『共産党の浜田氏』ではなくて『共産党推薦、市民連合の浜田氏』であって欲しいと思います。これならば多くの市民団体が連帯を表明しやすくなります。」「市民連合はいまや主役に立つべき時です。」「“市民連合やまがた”と“共産党”の話し合いを切に望みます」と。

同年2月20日、しんぶん赤旗の地方版に「共産党山形県委など新春のつどいに近藤洋介前衆院議員が来賓として挨拶―「野党共闘を実践してきた責任者として、総選挙の際の自らの判断について深く反省している。再出発して平和憲法、9条を守り、野党の結束を図りたい」と。

同年5月13・14日TUY Nスタやまがた・毎日山形版・山新―「参院選を見据え地域フォーラム設立」「舟山氏呼びかけ、フォーラム結成、山形で初会合」
 13日、山形市内で舟山参院議員ら、「これからの地域の使命を考えるフォーラム(通称つばさの会)」を設立。設立の趣旨―「保守・革新といったイデオロギーを超えて地域・現場の声を発信する受け皿となり、国に届ける主体を作る」。事実上、県内野党勢力の受け皿になるとみられる。
 県議・市町村議らを含む180人が出席。共同代表に舟山やすえ・近藤洋介・高木郁朗(日本女子大名誉教授)ら4人選出。

同年11月20日、山新―「参院選県区、3党+連合の統一候補、舟山氏が人選、年内決定」
 国民民主・社民・立憲民主の各党県連と連合山形の代表者が会合。野党統一候補を12月中に擁立する方針。
 自民党は既に現職の大沼氏擁立を決めており、それに遅れをとっているが、「ここから結束していい候補者(勝てる候補者)を出せば取り戻せる。」共産党も浜田氏擁立の方針だが、舟山氏らが「自分たちの候補者が決まれば、(共産党とも)しっかり調整をしていかなくてはならない」と。

本年1月28日 野党5党1会派(立憲民主・国民民主・共産・社民・自由・「社会保障を立て直す国民会議」) 党首会談―安倍政権打倒めざして連携強化へ
 参院選 1人区32すべてで候補者一本化のための調整を急ぐこと等を確認

2月9日、市民連合やまがた集会―山形市内で開かれ160名以上が参集。
 ① 講演―元シールズのメンバーで東京の市民連合結成の呼びかけ人となり事務局を務めている諏訪原氏が講演。バブル崩壊・冷戦終結後生まれ世代としての新感覚・新視点から社会の見方、運動スタイルのあり方・課題を話してくれた。
 ② 舟山参院議員のスピーチ―自分の選挙の時には野党統一候補一本化で当選を果たすことができたが、今度の参院選の統一候補は未だ決まらず「やきもきさせて申し訳ないが、不戦敗で終わらせることは絶対ない。もう少しお待ちいただきたい」とのことだった。
 ③ 立憲民主・国民民主・社民・新社会・共産各党の県代表幹部が前に居並んでそれぞれ決意を述べ、会場からの質問、「先の衆院選挙での苦い失敗に鑑み、その二の舞になることのないようにして一日も早く政策協定と統一候補の決定にこぎつけて欲しい」等の強い要望を受けていた。
 詳細は別掲(「『市民連合やまがた』の集会―つながろう!市民と野党」)

2月14日 市民連合(広渡・山口二郎・中野晃一氏ら)と5野党1会派の幹事長・書記局長・国対委員長の意見交換会
 市民連合側から立憲野党への要望
 ①ねつ造された数字に基づく虚飾のアベノミクスの総括、正直な政治・行政の回復と事実根拠に基づく政策の形成②消費税増税の延期と増税対策名目のばらまき予算撤回、米国からの兵器爆買い防衛予算の国民生活を守る予算への転換③沖縄の辺野古新基地建設の中止と普天間基地の撤去④安倍首相が進める憲法破壊に反対など提起。
 参院選1人区32選挙区すべてに統一候補擁立、調整のうえ政策協定(共通の旗印)を求める。
 問題点―各党の考えに溝
  共産党―候補者の相互推薦・相互支援を求める(自党が一方的に候補者を降ろすやり方ではなく)
  立憲民主・国民民主とも―共産とは日米安保などで違う考えから「一定の距離を取らざるを得ない」との考え
  国民民主・自由両党(国会で統一会派結成)―2人区でも立憲民主と候補者調整を求める
                       (立民は否定的)
  自由党(小沢氏)―比例区で統一名簿つくろうと主張(野党が結集すれば政権打倒の機運が高まり相乗効果が生まれると)(立民は否定的で枝野党首は「逆効果だ」と)
  これら野党同士で直接協定を結ぶのは困難。
  市民連合が各野党と個別に政策協定(市民連合が提案する政策を共通政策として署名する形式で)(立民の福山幹事長は4月中か5月初めまでと)
  後(うしろ)房雄・名古屋大政治学教授の見解―「参院で過半数を取ることが現政権を揺るがすことになる。そのための『数合わせ』は不可欠だ。」ただし「組むべきは一人区で、比例区を統一名簿にする必要はない」と(2月15日付け朝日新聞の記事)。

2月17日 市民連合が「全国市民意見交換会」を東京都内で開催
 市民連合呼びかけ人の高田健氏が主催者あいさつ
 講演―①広渡東大名誉教授が「野党共闘の経過と市民連合政策の概要」  
      ②諏訪原氏「市民参加型政治の促進を目指して」
 全体のまとめ―中野上智大教授―「今年は最大の正念場だ。改憲発議をさせずにいたが、自民・公明が3分の2を維持すれば『お墨付き』をもらったことになる」と指摘。

2月19日山新報道―「統一候補、芳賀氏で調整―非自民系、参院選山形県選挙区」
  芳賀道也―山形市 60歳 山形放送アナウンサー、情報番組などに出演、報道制作局制作部専任部長など務めた方。
  舟山参院議員が立候補を打診、擁立に向け調整へ。県内野党関係者との最終協議が月内にも行われる見通し。
  但し、本人は山新の取材に対して「まだ何も決めていません」とのこと。
  (共産党はかねてより前県労連議長の浜田氏を擁立しており、調整がつくのかどうか、芳賀氏の意向とともに未だはっきりしておらず、どうなるのかだ。)

2月20日山新報道―非自民系統一候補として芳賀氏の擁立を目指す県内野党関係者ら、21日に協議をおこない、「早期擁立に向けて詰めの話し合いを行うとみられる」と。(国民民主・立憲民主・社民各党県連と連合山形の3党1団体に非自民系無所属県議を加えた「5者会議」から候補者の人選を一任されている舟山参院議員が芳賀氏に出馬を打診し最終調整)

2月20日、立憲民主など野党6党派の幹事長・書記局長が、①国会内で会談。参院選一人区の候補者調整を速やかにスムーズに行い、幹事長・書記局長会談を2週間に1回、定期的に開くこと。②市民連合との政策協定の議論を速やかに始める。③衆参同日選挙も視野に入れ、意見交換・情報共有をしながら進めること等、3点で合意。
 
2月21日、NHK山形放送―立憲民主・国民民主・社民3党と連合の県内代表と舟山参院議員が会合、芳賀道也氏を野党統一候補として立候補を要請することに合意。舟山氏によれば、芳賀氏は「地元に軸足を置き、アナウンサーとして発信力がある」ことが決めて。本人の了解が得られれば、来月上旬までに芳賀氏が立候補を表明。同氏が立候補することになれば、共産党とも候補の一本化について協議したいとのこと。

2月22日、朝日新聞(山形版)―前日の会合は非公開で、終了後に舟山氏が記者会見。芳賀氏とは2月上旬から何度か面会。「今の政治を変えなければならない」という点で一致。「慎重に勝てる候補を選んだ。芳賀氏は自らの言葉で発信できる。落下傘(候補)とは違う」と。
 芳賀氏は朝日の取材に対し「公正中立を求められる放送局の現役社員であり、現時点ではノーコメント。正式な要請はまだなく、受けてから検討していきたい」と(舟山氏は近く正式に要請)。舟山氏らが候補を決めた場合、浜田元県労連議長を公認候補に予定していた共産党はその取り下げも含めて調整に応じる姿勢とのこと。

2月23日、朝日新聞(山形版)―「参院選非自民統一候補、芳賀氏擁立検討、共産見守る構え」―共産党は候補者調整に応じる意向を明らかにしている。記者会見した同党県委員会の本間委員長は、芳賀氏については今のところ「政策がわからないので受け止めは『白紙』」だが、「舟山氏側と政策合意し、それを実現できる候補であれば調整に応じる。野党共闘を実現し、自民に打ち勝つという思いは変わらない」と述べたとのこと。

2月24日、山形での共産党演説会―紙智子参院選比例候補・浜田県区候補・県市町村議候補それぞれ予定者紹介とスピーチ―来賓として近藤洋介氏(本人)と舟山参院議員(秘書)が挨拶。浜田候補予定者は、野党統一候補の人選がどなたかに決まりそうだが、「この私もなかなかのもの」とアピールしていた。

2月25日、山新―「共産・浜田氏、野党一本化を示唆―参院選県区、政策合意が条件
 浜田氏は24日(共産党演説会終了後)山新の取材に応じ、共通政策の合意などを条件に他の野党候補への一本化を受け容れる可能性を示唆。
 浜田氏は、県内野党関係者が非自民系統一候補として芳賀道也氏の擁立作業を進めていることを念頭に「安倍政権を倒すには私であろうとなかろうと統一候補が必要だ」と強調。消費税増税の中止や集団的自衛権行使を容認した安保関連法の廃止といった共通政策への合意を前提に、「政策を踏まえてきちんと国会で戦ってもらえるのであれば、私にこだわることではない」と述べた、とのこと。

3月1日、山新―「参院選 芳賀氏が出馬意思 県区・非自民系 きょうにも出馬表明」
  前日(28日)山新の取材に芳賀氏は「野党の方々の思いに応えなければならないと考え、要請受諾を決断した」と述べ、その理由について、森友・加計学園問題をはじめとする昨今の政治状況を挙げ、「このままでいいのかという思いがある。解りやすく皆が幸せになれる政治を取戻すため、県民一人一人に問いかけたいと考えた」と。1日にも、記者会見し、正式に出馬表明。

3月2日、朝日(山形版)―「芳賀氏、参院選立候補へ―非自民「受け皿になる」
  前日(1日)、芳賀氏は記者会見で、無所属で立候補する考えを明らかにした。
  立候補理由―「内閣がいくつも吹き飛ぶような問題を起こしながら、なぜ居座るのか。今の政治は何かおかしいという県民の思いの受け皿になりたい」、「取材を通じて県内をくまなく歩き、声を聞いてきた。農業の所得補償や高齢者の移動手段の確保などを訴えていきたい」と主張。消費税のアップと、集団的自衛権の行使に反対。憲法9条については「性急に変えるものではない」と。
  立憲民主・国民民主・社民3党、連合山形は芳賀氏の推薦を出す方針。
  県労連議長の浜田氏擁立を発表していた共産党県委員会は、調整に応じる方針を明らかにしているが、本間委員長は安保法制廃止、改憲反対などで折り合えば共闘に前向き
だ。野党共闘が成立すれば、16年参院選で舟山氏が当選した際の「山形方式の再現となり、芳賀氏を統一候補にして県内の野党は与党と戦うことになる。(山形方式とは?・・・・)

3月6日、朝日(山形版)―市民連合やまがた が、芳賀氏が立候補を表明したことを受けて、4日、舟山参院議員と立憲民主・国民民主・社民・共産・新社会党の県内組織に「野党候補一本化」について要請書―「野党が一人区で議席を得るためには候補者の一本化が必要だが、その作業はあまりに遅い」と指摘。基本政策①集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回、②安保法制の廃止、③安倍政権の下での9条改憲を認めないこと―の3点の合意で一本化を図り、市民と幅広く連携することを求めている。

3月19日、朝日に「18日、国民民主党、芳賀氏の推薦決定を発表」と。


    


ホームへ戻る